×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高齢者に優しい家

高齢者にも住みやすい家を造る

バリアフリー住宅

バリアフリーとは、住宅内のような屋内の段差や階段などの障害をバリア、それを取り除くフリー  が融合されたものをバリアフリー住宅と呼んでいます。 実現すると、つまづくことや、転倒する事が防止され、車椅子で屋内を移動できるようになっている住宅です。 医療や福祉のような専門的な勉強や知識を得ることは、医療分野にいる人にとってはとても重要なこと だと思いますし、勉強し続けなくてはいけない知識だと思います。 患者さんや利用する方にとって、そういった知識を医療従事者に求めているとも思います。 施設の中にいるときには医療従事者の方たちに色々なものを求めるのかもしれませんが、その利用者の 方々もいつかは自分の地元に戻っていき、医療従事者の方と離れると思います。国の方針が、施設医療 よりは在宅医療と掲げているので、患者さんと地域、地元と言うのは切っても切れない関係となっていくと思います。 高齢者の方々にとって、「高齢者にとって生き甲斐のある生活」というのを求めるには、、何かしたいこ とがあるときなど(スポーツや買い物、家事など)、色んな物が大変になり、生活水準がどうこうよりは、 それを介護する人が必要なんじゃないかと思います。 段差を無くせば良いということではなく使用者が使いやすく簡単に利用できるような考慮が必要だと思います。 バリアフリーを考えて新築やリフォームをしてもどうしても、使えるものと使えないものがでてきます完璧に仕上げるんではなく 徐々に作り上げていくことができるように後で改造できるような工夫が必要です。

バリアフリーの設計

階段には手すりトイレや浴室の段差をなくする。玄関の段差を無くして、スロープにする。  キッチンは使う人にとっては居心地の良い空間にしたいと考えるものです。使いやすさや、広さ、  収納などこだわりたい点はたくさんあると思います。 最近ではIHや食器洗い乾燥機など色んな機能がついてきていて、昔に比べてものすごく便利に、清 潔に、収納に長け、開放感があるなど居心地の良い空間になっていきています。 トイレは暗く、寒いと言う考えが多くあったと思います。事実そういう住宅も多々あると思います。 ですので、高齢者にとってはトイレの段差を無くし、手すりを取り付けるなどバリアフリーにして使い やすいようにしていきます。インターホン付きのトイレに改修したご家庭もあります。

omo